ネット接続が切れてもGoogle Docsを使い続けるための設定

ネット接続が切れてもGoogle Docsを使い続けるための設定#ほぼ週刊ググレカス

最近、Googleで大規模な障害がありました。 この間、授業中、あるいは業務中やプレゼン中だった方、急遽対応する必要があって冷や汗をかいた方も多いかと思います。

クラウドサービスの弱点は、インターネット接続が切れてしまったり、サービスを提供する側のコンピュータに障害が起きて、「あちら側」と通信できなくなるリスクがある、ということです。この記事では、オフラインでも Google Docs が使えるようになる設定方法についてご紹介します。

Google Docs はオフラインでも使える

障害だけでなく、飛行機や地下鉄に乗っている間でも、パソコンでGoogle Docs、Spreadsheets、Slidesで作業できて、再びオンラインになったときに更新内容を同期することができます。もちろん、最新の内容でプレゼンもできます。では具体的な手順です。

Chrome拡張機能”Google オフライン ドキュメント”をインストールする

以下のChrome拡張機能をインストールしましょう。

Google オフライン ドキュメント
インターネットに接続していなくても、ドキュメント、スプレッドシート、プレゼンテーションを編集、作成、表示できます。

Googleドライブ上でオフラインの設定をする

インストールできましたか?
そしたら、あとはGoogle Drive上でオフラインにしたいファイルを選んで設定します。オフラインでも使いたいファイルを右クリックして、「オフラインで使用可(Available offline)」をONにします。

画像1

数秒、同期にかかると思います。同期が終わると、オフラインで利用可能なことがわかるアイコンが表示されるはずです。

たったこれだけです!
Google本家による詳しい説明はこちら:

オフライン時に Google ファイルで作業する - パソコン - Google ドライブ ヘルプ
インターネットに接続していない場合でも、次のファイルを表示、編集できます。 Google ドキュメント Google スプレッドシート
close

ほぼ週刊ググレカスへようこそ

新着記事のお知らせを受け取ることができます!

プライバシーポリシー

コメント

Copied title and URL