1文字も打ち込まずに「『いろどり』のことばリスト」からQuizlet問題を作成する

1文字も打ち込まない「いろどり」のQuizlet作成方法#ほぼ週刊ググレカス
このブログ記事は以下のサポーターの皆様にご支援を頂いて書かれています:
Amiさん、Cocoさん、ゴンタ=ミチさん、ナゾの冒険家さん、禰豆子さん、ヒロパンマンさん、ミニヤンさん、わおんさん、ありがとうございます!🎉

日本語教師の皆さん!🐫 単語帳やクイズを作る時に、わざわざ単語とその意味をタイプして打ち込んでいませんか?その手間、不要です!1文字も打ち込まないシリーズ第2弾は、「いろどり 生活の日本語」の付属資料を使った方法です。

いろどりとは?

「日本語コースブック『いろどり 生活の日本語』は、外国の人が日本で生活や仕事をする際に必要となる、基礎的な日本語のコミュニケーション力を身につけるための教材」だそうです。無料でかつデジタルデータを入手できるというのが、現代に相応しい配布方法ですね。詳しくはこちらをどうぞ。>> いろどり とは? | いろどり 生活の日本語

元データを入手する

まず、公式サイトの「付属教材・資料」というセクションで配布されている「ことばリスト」のExcelデータを入手しましょう!>> 付属教材・資料 | いろどり 生活の日本語

配布されているデータはExcel形式ですが、Googleシートに変換することもできます。詳しくはこちらの記事をどうぞ。

媒介語に注意!

上記で配布されているデータは、単語が英訳されたものです。別の言語に翻訳されたExcelデータは、「各国語版」のサイトから探してみて下さい。>> 各国語版 | いろどり 生活の日本語

Googleシート+Google翻訳を使う方法

各国語版にも無い言語でQuizletや単語帳データを作りたい場合は、GoogleのスプレッドシートとGoogle翻訳を組み合わせて、英訳を各国語訳に変換する方法があります。これは時間ができたら別記事で紹介したいと思います。

お急ぎの方は、過去に筆者が作った「まるごと」用の翻訳シートをお配りしていますので、そちらを改造してみて下さい。>> 「まるごと」語彙インデックスからQuizletの問題を作成する | Laiken (らいけん) on Patreon

シートの内容を理解する

ここからは、データをGoogleシート上で開いている前提で進めます。Excelでもほとんど同じはずです。

Quizletの内容となる基本データ

まず必要になるのはD〜G列のデータでしょう。D列のカナ表記に対してG列の英訳を組み合わせるのが一般的な単語帳ですが、アクセントを覚えるためのクイズや、入門に限れば、ローマ字で読み方のクイズを作ることもできますね。

データ抽出に使える品詞分類や初出箇所

見て下さい、この品詞分類を。動詞グループまで入ってますよ!「〜課で出てくる2グループの動詞だけ練習」みたいなことが簡単にできます!これは教師の強い味方になることでしょう。

初出箇所の見方は独特で、「再出」が空欄のものが初出ということのようです。これで新出単語のみのクイズも容易に作成できます。

データ抽出の仕方

では例として、「初級2の1〜3課で初出の1グループの動詞」だけを取り出してみましょう。データ抽出には、この「ことばリスト」データをGoogleシートを開いた時点で有効になっているフィルター機能を使います。

大量のデータから必要なものだけを抽出できる能力は、検索エンジンが使えることと同じくらい重要なことです。この機能はぜひ覚えましょう!

Quizletにインポートする

まだQuizletを使ったことがない人は、アカウントを作成しておいて下さい。アカウントがある人は、最上部の”Create”ボタンから”Study set”を選んで、新規のセットを作成します。

下記の画面で1問ずつ手入力することも可能ですが、そんな非効率で面倒なことは、できれば避けたいですね。小さな字で分かりにくいですが、”Import from Word, Excel, Google Docs, etc.”をクリックします。

データをQuizlet形式に整形する

下の画像を見て下さい。「WordやExcelからデータをコピペしてね」と書いてありますが、決められたデータ形式があります。Quizletでは、各行に単語とその意味が並んだ、2列の形式である必要があります。

一方、先程データ抽出をした「ことばリスト」は「読み、アクセント、ローマ字、英訳」の4列(D〜G列)のデータから成ります。このままでは、Quizletに貼り付けることができません。

そこで作業用の新規シートを開いて、不要な列を削除しましょう。

新しく開いたSheet1に「ことばリスト」から抽出した4列のデータを貼り付けて、不要なデータ(ここではアクセントとローマ字の列)を削除します。

さあ、これで2列のデータが出来上がったはずです。これをQuizletに貼り付けましょう!

この後は”Import”ボタンを押して、必要ならば修正等を加えて、セットを作成すれば完了です。

1文字も打ち込まなかった!

いかがでしたか。無事に1文字も打ち込むことなく、Quizletを作成することができたと思います。分からないことがあれば、筆者が直接レッスンをできますのでお問い合せ下さい

Quizlet以外にもQuizizzやKahoot!のようなツールが沢山あります。最近の筆者のおすすめはGimkitです。

QuizletのデータをKahoot!とQuizizzとGimkitに自動変換する

実は、QuizizzとKahoot!とGimkit用のデータは、今回作成したQuizlet用のデータから自動的に変換して作成することが可能です。基になるQuizletのデータさえあれば、ほとんど手間を掛けずに、多様な見せ方で楽しく授業や演習をすることが可能になります。

筆者が作成した自動変換用Googleシートをサポーターの皆様にお配りしております。以下が当該記事です。この機会にぜひご検討下さい。

らいけんを応援する!

筆者のらいけんと申します。もしこの記事を気に入って頂けたら、コーヒーなんかをおごってくださると本当に励みになります! >>らいけんにアマゾンギフト券で投げ銭する(受取人Eメールは laiken.blademan+ggrks@gmail.com です)

らいけんの欲しい物リストをアマゾンで見る

Patreonという仕組みで寄付をすると、らいけんの活動をあなたが直接、応援することができます🎉🎉🎉 あなたのご支援によって、らいけんがもっとスキルアップして新たな知見をブログで還元できるようになります。ありがとうございます!

🔔 ブログ新着記事のお知らせを受け取る

スパムは送りません!
プライバシーポリシー

#ほぼ週刊ググレカス
Sponsored link
laikenをフォローする
ほぼ週刊ググレカス

コメント

Copied title and URL