超絶技巧ハンマーダルシマー・トリオ、ハウス・オブ・ウォーターズがP-Vineレコードから日本デビュー

これはめでたい。今まで日本盤が出ていないことがむしろ驚き。House of Watersは、ハンマーダルシマー、ベース、ドラムのトリオで、ニューヨークのブルックリンを拠点に、世界中のジャズ・フェスティバルでも活躍中のバンド。Snarky Puppyのレーベル、GroundUPからアルバムを発売、2019年6月まで彼らとともに北米ツアーをしていたんですよ。実力、実績ともにワールドクラスなので、日本の音楽ファンにもぜひ知っておいてほしいトリオです。

ハンマーダルシマーというのは、アイルランドに起源を持つ打弦楽器です。とりあえず映像を見てもらえば一目瞭然なので、どうぞ。彼らが非常に難しいことを美しさを損なわずに、さも簡単そうにやってのけるタイプのバンドだというのがよく分かると思います。

ニューアルバム ”Rising” 日本盤の発売に関しては下記のP-VINEのサイトを。マイク&レニ・スターン夫妻からもコメントが寄せられていますが、実際ニューヨークの老舗ジャズバーの55 Barでは、夕方にハウス・オブ・ウォーターズ、夜のセットがマイク・スターンという組み合わせもよくあります。

House of Watersの日本デビューに向け、黒田卓也、ユザーン、デヴィッド・クロスビーなど錚々たるアーティストからの応援コメントが到着! – ニュース – P-VINE, Inc.p-vine.jp

ほぼ全曲の作曲をしているベースのモト・フクシマさんは日本人なので、帰国時にはソロライブや日本語でベースクリニックなんかもやってくれます。要チェックです。

Moto Fukushima (@MotoFukushima) | TwitterThe latest Tweets from Moto Fukushima (@MotoFukushima). bassitwitter.com

彼らの音源はこちら。気に入ったら、ストリーミングではなくて、購入してあげましょう。Spotifyなんてぜんぜんお金になりませんから。

コメント

Copied title and URL